アーロンチェアをはじめとしたデザイン・機能に優れた商品のご購入は、ハーマンミラー正規販売店 Railsにお任せ!

Rails

体験レクチャー 第3回:ミラ2チェア

投稿日:2016年6月9日 更新日:

ミラ2チェアの特徴

ミラ2チェア

ミラ2チェアは2014年に発売された新しいワークチェアです。近年働き方は変化し、個人作業から共同作業へ瞬時に切り替えるなど、より俊敏な動きが必要とされるようになりました。オリジナルであるミラチェアをデザインしたスタジオ7.5というデザイングループが、より活動的になった働き方に合わせてデザインを再検討してできたのがミラ2チェアです。その特徴をいくつか取り上げて紹介します。

  • バタフライバック
  • ハーモニック2チルト
  • シンプルな調節機能

ミラ2チェア座面調節

ミラ2チェアの背もたれはフレームがなく、身長や体格に関わらず身体の動きに合わせてフィットします。体格の大きい人にも合うように背もたれは初めから広く作られていて、実物を見たときは思っていたより大きいという印象でした。バタフライバックは葉脈状の穴が開いた成形ポリマーと、ファブリックを組み合わせた構造になっています。従来のミラチェアの座面下についていたウレタンパッドが取り除かれたことによって、背もたれだけでなくシート全体の通気性がより良くなり、熱がこもりにくくなりました。また一見気がつきにくいですが、アーロンチェアで紹介したポスチャーフィット仙骨サポート機能も付いており、背骨を自然な逆S字の形に保ちます。
ミラ2チェアでは新しくハーモニック2チルトという技術が導入され、後ろにもたれた時の座り心地が安定しています。座面と背もたれを一緒に前傾させることができる前傾チルト機能も付いているので、前後左右の身体の動きに合わせてバランスのとれた姿勢をサポートすることができます。
座る人にすばやくフィットすることを考えてつくられたミラ2チェアは、調整も簡単にすることができます。エンボディチェアと同様に座面の奥行きが調節でき、座面の前面を折り曲げるようにして調節します。アームは高さ・幅・奥行き・角度の調整が可能で、必要な時すぐに動かせるようになっています。

 

 

ミラ2チェアはどんな人におすすめ?

ミラ2チェアははじめに紹介した通り、動きにフィットすることを考えて作られています。作業中座りながら頻繁に体を動かすことが多い人にはおすすめです。
また、ミラ2チェアはもたれた時の座り心地が良く、前傾チルト機能も付いています。以前紹介したエンボディチェアはもたれた時の座り心地はとても良いですが前傾チルト機能が付いていないので、もたれる作業が多いけど前傾する機能も欲しいという人はミラ2チェアの方が合っていると言えます。
調節が簡単という点で、身長・体格の違う人たちで共有する場合にもおすすめします。座る人が変わっても個人に合わせてすぐに調節することができます。
その他には、カラーバリエーションが豊富で色の組み合わせを選べるのがとても良いと思います。ホワイトのフレームや明るい色のシートがあるので、ワークスペースを明るい印象にしたい時にも良さそうですね。

 

 

最後はセイルチェアの紹介をします。今まで紹介したワークチェアとは少し違ったものになりますが、どうぞお楽しみに。

-Rails

執筆者:

関連記事

20170714_593678

F031デスクのサイズイメージ

前回の記事の続きです。 F031デスクの天板サイズについて紹介したので、今回は高さの比較をします。   F031デスクのサイズは、幅1300×奥行610×高さ725m …

タカタレムノス時計

銅の時計使用風景イメージ

使用風景イメージシリーズ 本日はタカタレムノス 銅の時計です。     サイズは直径204×厚さ60mmと、日比谷の時計の小サイズやリキスチールクロックと同じですね。 …

ボビーワゴン

ボビーワゴンの使用イメージ合成してみました

商品を写真に合成して、使用風景のイメージをわかせてみるシリーズです。 今回はボビーワゴンについて!     ボビーワゴンは1970年にイタリアのデザイナージョエ・コロンボによってデ …

ウルムスツール

ウルムスツールのサイズイメージ

今日はウルムスツールについて紹介します。   ウルムスツールは1954年にデザインされた多目的なスツールです。 ドイツにあるウルム造形大学の当時の学長マックス・ビルとアシスタントのハンス・ジ …

03

釘を使わないウルムスツールの工法

前回紹介したウルムスツール。 今回は機能というよりはその工法について紹介したいと思います。 シンプルで木材の質感がそのまま生かされたようなウルムスツール。 実は釘が一切使われていません。全て木組み工法 …