アーロンチェアをはじめとしたデザイン・機能に優れた商品のご購入は、ハーマンミラー正規販売店 Railsにお任せ!

Rails

体験レクチャー 第1回:アーロンチェア

投稿日:2016年5月27日 更新日:

アーロンチェアの特徴

アーロンチェアレクチャー風景1

アーロンチェアは1994年に発売されたハーマンミラー社の代表的なワークチェアで、世界で初めてペリクルサスペンションというメッシュ状の素材が座面と背もたれに採用されました。高機能ワークチェアというだけあって様々な機能が備えられているのですが、まずはアーロンチェアの特徴として特にこの3つについて紹介したいと思います。

  • ポスチャーフィット仙骨サポート
  • 前傾チルト
  • ペリクルサスペンション

ポスチャーフィット仙骨サポートはアーロンチェアの背もたれの下の方についている機能で、座面の右側奥についているノブを回すとお尻の上あたりを押さえられる感じがします。これは腰ではなく骨盤を支えるためのもので、骨盤の仙骨という部分を押さえることで背骨を自然な逆S字の形に保つ機能です。ポスチャーフィットは2001年アーロンチェアに初めて導入された機能で、奥行きを調整できるのはアーロンチェアのみです。
次に前傾チルトですが、手を前に出して作業をすると、身体が前に4~5度ほど傾き、背もたれと隙間が空いてしまいます。それは背もたれのない椅子に座っている状態とほぼ同じで、自身の筋肉で背中の背骨を支えることになり長時間の作業は負担がかかるだけでなく、猫背になりがちです。前傾チルトは背もたれを座面ごと前傾させ、ポスチャーフィットに仙骨をつけたまま手を前に出して作業がしやすくなる機能です。
3つめのペリクルサスペンションとは座面と背もたれに使用されている、ハーマンミラーが独自に開発した画期的な素材のことです。通気性、耐久性に優れていて、長時間座っていてもお尻が痛くならないよう座ると荷重が均等に分散します。通気性があると冬は寒そう…と思うかもしれませんが、一部に熱がこもるとそちらに意識が取られてしまうので、長時間作業をする場合体の前面と座面に接している部分は同じ温度に保たれている方が望ましいのだそうです。

 

 

アーロンチェアの正しい座り方

アーロンチェアレクチャー風景2

アーロンチェアにはこの他にも多くの快適な作業環境をサポートするための機能がありますが、正しい座り方をしないとこれらの機能を生かすことができません。今回アーロンチェアの正しい座り方を実際に座りながらレクチャーしていただいたきました。
まず、ポスチャーフィットで仙骨を押さえるために、お尻を座面の奥に入れ込むように深く座る必要があります。普段椅子に座っているときよりかなり深く座る必要があり、慣れないうちはいつの間にか浅く座ってしまいました。
背筋をのばすために背中を背もたれにつけることも大切です。前屈みになるとポスチャーフィットが仙骨に当たらなくなってしまうので、背もたれにきちんと背中をつけます。背筋が伸びてちょうど肩甲骨のあたりに背もたれが当たります。
この他にも、足の角度が最低でも90°になるように座面の高さを合わせる、腕が机と水平になるように肘掛けの高さを合わせる、モニターは目線がまっすぐになる位置に置く、など私の仕事環境や長時間作業していると辛くなるところに合わせて詳しく説明をしていただきました。アーロンチェアの座り方ももちろんですが、良いワークチェアであってもただ座っているだけでは腰痛は治らないということがよく分かりました。ちなみに肩こりはイスではなく個人の姿勢や目線、それに環境の問題なので、猫背にならないように気をつけたりストレッチをするのが一番良いそうです。

 

 

アーロンチェアはどんな人におすすめ?

アーロンチェアの特徴はポスチャーフィット仙骨サポート・前傾チルト・ペリクルサスペンションであることは書きました。つまりこれらの機能が欲しいという人に合っていると言えます。具体的には、

  • ポスチャーフィット仙骨サポートの機能で背骨を正しい形に近づけたい
  • ペリクルサスペンションのような耐久性、通気性のある座面がいい
  • 何よりMOMA(ニューヨーク近代美術館)の永久貯蔵品にも選ばれている優れたデザインが好き

という方に特におすすめをしているそうです。
また、アーロンチェアは前にも後ろにも座面を傾けることができるため、手元の作業に集中することも、後ろにもたれながらリラックスして作業をすることもできる汎用性の高いワークチェアです。作業内容に合わせて体勢を変えたいという人にもいいのではないでしょうか。

 

 

いかがでしたか?あと3種類のワークチェアについてもこのようにご紹介していきたいと思いますので、ワークチェアの購入を考えているけどどれにしようか迷っている人は参考にしてみて下さい。
次回はPC作業が主な人におすすめのエンボディチェアについて紹介します。

 

-Rails

執筆者:

関連記事

image_01

アルネ・ヤコブセンテーブルクロックの限定カラーは完売しました

ブログでも何度かご紹介していたアルネ・ヤコブセン テーブルクロック ステーション ライトグレー。 2013年から1色ずつリリースしてきた限定カラーのコレクションで、ライトグレーは2017年のカラーです …

REK_18470_20160811174956632_P

修理保証の話 ガス圧シリンダーが故障したときは

アーロンチェアなどハーマンミラー社製のワークチェアは12年という長い保障がつきますが、 ガス圧シリンダーのみ2年間の保障となっています。   ガス圧シリンダーというのはチェアの高さを調節する …

REK_ENV_17365_20160725100359014_P

現代の明るいワークスペースによく合うアーロンチェアミネラルのご紹介

2017年にリマスターされたアーロンチェアに新しく追加されたカラー「ミネラル」 現代の白を基調とした空間・ガジェットに合わせて再考されたカラーバリエーションです。   ブラックなど暗い色のイ …

image_1

ポスターのようにおしゃれな万年カレンダーFORMOSA(フォルモサ)のご紹介

今日はダネーゼのフォルモサの紹介をします。 フォルモサは文字カードを差し替えて日付を変える壁掛け式の万年カレンダーです。 デザイナーはダネーゼのポスターやスマトラなども手がけているエンツォ・マーリです …

scene_2

アルバースラグの使用風景紹介 その1

前回から引き続いてアルバースラグの紹介です。 今回は使用風景画像を合成で作ってみたのでいくつか載せたいと思います。   いつも通り合成なのでサイズや色が実際のものとは異なる場合があります。 …