アーロンチェアをはじめとしたデザイン・機能に優れた商品のご購入は、ハーマンミラー正規販売店 Railsにお任せ!

Rails ハーマンミラー社チェア

ワークチェアを置くスペースのお話

投稿日:

前回ワークチェアの搬入についての話を書いたので、

その関連で今回は設置スペースのお話をしようと思います。

ワークチェアを買ったら意外と大きくて机に入らない!といったことがないように一度スペースの確認をしてみてくださいね!

 

baseワークチェアで一番幅をとるのは基本的にベース(キャスター)部分です。

ベース部分は平均約65cmですが、さらにフレームや座面などを含む幅と奥行きもあります。

 

ワークチェアの幅(W)と奥行き(D)をハーマンミラーの公式サイトを参考にまとめてみました。(2019.1 現在)※単位はmmです。

アーロンリマスタード W:655~720mm、D:455~510mm

 ※A・B・Cサイズでそれぞれ異なります

エンボディチェア   W:750mm、D:380~457mm

ミラ2チェア     W:762mm、D:730mm

セイルチェア     W:622mm、D:660mm

セトゥーチェア    W:620mm、D:440mm

イームズアルミナムグループマネジメントチェア W:585mm、D:560mm

イームズソフトパッドグループチェア マネジメントチェア W:585mm、D:560mm

 

これを見ても大体65~75cm程度になりそうですね。

 

65cmであればデスク手前から約70cmの奥行スペースがあれば設置可能ですが、チェアを引いて座ることを考えるとデスクの手前から約90cmのスペースがあればより自然な動きができます。

リクライニングすることを考えてもデスク手前からのスペースが90cmくらいあると安心でしょうか。

EN_MIR_P_20140615_023_P

どうでしょうか?

ご購入時の参考にしてみてくださいね。

 

ワークチェアの左右のスペースについても

使っている机によってそれぞれ違いますが、動かせる余裕があるか一度測ってみてくださいね!

-Rails, ハーマンミラー社チェア

執筆者:

関連記事

20170712_590748

引っ越しにも便利。簡単に組み立て、高さ調節のできるデスク アイアーマンテーブル

3月は引っ越しの多いシーズンですね。 新居に新しいデスクを探している人もいるのではないでしょうか? そんな方に紹介したいのが組み立て、高さ調節の簡単なアイアーマンテーブルです。 自分で組み立てるのは面 …

MM_LAP_001_W_02

ラップトップマウントの話

Railsではモニターアームにノートパソコンを取り付けられるフローモニターアーム ラップトップマウントセットを取り扱っていますが、 フローモニターアームはもう使っていて、さらにラップトップマウントを取 …

scene_5

シェルサイドチェア使用風景イメージ 〜ダウェルベースメープル編〜

前回から引き続きシェルチェアの使用風景シリーズです。 前回まではワイヤーベースでしたが、今回からはダウェルベースという木製のベースの紹介をしていきます。 ダウェルベースにはメープル、ウォールナット、エ …

graphite

製品につけられた色の名前の話 グラファイト

ブログで商品の紹介をしているとよく出てくるカラーバリエーション グラファイト。 グラファイトのつく製品を見ていると黒系統の色というのはわかりますが、ブラックとはどう違うのでしょうか。   調 …

IMGP7027

ポップからシンプルまで様々なイメージのお部屋に合わせやすい おしゃれな「小さな時計」レッドのご紹介

今日は前回紹介した「小さな時計」アイボリーに引き続き、 カラーバリエーションレッドの紹介をしたいと思います。 枠の部分が鮮やかなレッドになります。 小さくても厚さがあるので存在感がありますね! ちなみ …

最近の投稿